東北大学大学院理学研究科地学専攻地圏進化学講座 炭酸塩堆積学・地球化学グループ Laboratory for carbonate sedimentology and geochemistry Department of Earth Science, Tohoku Univ.

近年,人類の活動による大気中の温室効果ガスの増加が原因とされる地球温暖化問題や世界各地での異常気象が,大きな社会問題となっています.将来の地球環境を正確に予測するためには,過去に地球で起きた気候変動や海洋環境の変化を復元し,その因果関係を明確にする必要があります.

炭酸塩生物骨格・殻や炭酸塩堆積物(主にサンゴ礁堆積物)は,様々な時間スケールの地球環境変動が詳細に記録された古文書です.私たちは,古生物学的,堆積学的,地球化学的手法を駆使し,過去の地球表層環境の変動を様々な時間スケールで解明する研究に取り組んでいます.

   Contact

   What's new!

井龍 康文

東北大学大学院理学研究科地学専攻

炭酸塩堆積学・地球化学グループ

〒980-8578

宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-3

Tel: 022-795-6622

E-mail: iryu(a)m.tohoku.ac.jp

*Please replace (a) into @

当研究室では,サンゴ・二枚貝・腕足動物などの生物骨格・殻ならびに炭酸塩堆積物の化学組成や堆積学的知見から,過去の地球表層環境を復元する研究を行っています.気候変動や古環境復元などに興味ある方はぜひご連絡ください!(研究室見学なども可)

   学生の皆さんへ(一緒に研究しませんか?)

 

Welcome to CSGS's website!

Copyright© 2016 CSGS Laboratory All Rights Reserved.